旧「オヤジのフレンチ」

神の雫?

今日はワインリストのアイテム選定のため、キリンビールさんの試飲会に行ってきました。
全部で20アイテムくらい飲んだでしょうか。お酒をこよなく愛する私としては一度口に入れたものを出すなんてもってのほか。全部飲みました。終わるころにはもうシアワセ~ですけどね。
ビール屋さんのワインというと良くも悪くも個性のない無難なもの、という印象を持っていたんですが、なかなかどうして、個性的なワインが結構あって驚きました。

なかでもGabriel RIOGIERのコート・デュ・ローヌはかなりマニアック。この値段でこの味はアンビリーバボーです。こんなの飲んだことない。鹿のグラン・ヴヌールにあわせるといいかも。まちがいなくリストオンです。
上手に表現できなくてゴメンナサイ。ソムリエのようにホラが吹ける(失礼、表現力豊かな)舌がほしいと願う今日この頃です。

うまく言えないので、この驚きを皆さんご自分の舌で確かめに来て。

chef
No comments yet.

コメントを残す