旧「オヤジのフレンチ」

Le quatorze juillet

ル キャトルズ ジュイエ

今日は7月14日、フランス革命記念日です。

フランス祭と言ったりもします。

実は私、今日誕生日なんです。
フランスにいた頃は、国民あげて花火で祝ってもらいました。
パリなんかもう一晩中大騒ぎです。

フランスではいい思い出ばかりでした。

ジダンの頭突きに見るように、フランスには人種問題(差別)は確かにあります。
フランスのレストランではplongeという洗い物専門の人を雇うので、キュイジニエはやりません。そのplongeはたいてい黒人ですが、十代の若い料理人さえ彼らにはかなり辛辣な差別的表現を使う。我々日本人には驚きでした。

数多くいる日本人の料理人でもいじめられた話は少なからず聞きますが、私はいやな思いをした事はほとんど無かったですね。運がよかったんですかね。。。
駅の切符売りの姉さんに冷たくされたくらいです。
Qu’est ce que vous voulez?↓(どうしたいの?って感じ) 思いっきり語尾下げで言われました。
フランスに渡ったばかりの頃で、フランス語もろくにできなかったから。
やっぱり言葉は大事です。
これからフランスへ行こうと思ってる人はまず、うんと勉強していくことを奨めます。

chef
No comments yet.

コメントを残す