旧「オヤジのフレンチ」

初体験の福袋

人気blogランキング

唐突ですが…、

ワインってね、もう評価が定まってる有名な作り手は別として、低価格帯の、聞いた事もないような人のワインってどんなのかまったく分からないでしょ。特にインターネットでそういうワインを買うときって一種賭けなんですよ。ワイン屋さんは「激うま!」ばっかり言ってるけど、あまりアテにはならんし…。

けど、情報は多いほうがいい訳で、いろんなワイン屋さんのメールマガジンを大量に購読してるんですよ。

去年の暮れも、年末恒例の「新年大特価福袋」のメールがどっさり来ました。

どうせね、福袋なんて売れ残りの詰め合わせだろうぐらいにしか思ってない私ですから、今まで一度も買ったこと無かったんです。

が、こんなのを見っけちゃいました。

「わがまま福袋!あなたのご希望の物をお入れします!!」

↑これ、いいじゃん!と思っちゃったワケですよ。

さっそく注文してみました。

私が出した希望は、「フランス産、売価2500円まで、赤を多めに。」
で、さらに「フランス料理店をやってるので、いいものがあればリストオンします(ケース買いします)。」と付け加えました。

これなら、ワイン屋さんが自信を持ってお薦めするワインを飲み比べることができる!

私がワイン屋ならね、こんな注文もらったら力入っちゃうんじゃないかなぁ、と思うんです。送ったものは全部ケース買いさせてやる!くらいの勢いで。

で、到着を楽しみに指折り数えて待ちましたですよ。

それがやっと、つい数日前に届きました。

もうね、ワクワクしながら箱を開けてみました。

「……」

確かにね、お得ではありました。1万円の福袋に約14000円相当のものが入ってましたから。

しかしねぇ、8本のうち7本がボルドー、しかも右岸ばっかりってどういうこと?

「はぁ…」ため息しか出ませんな。

私の出した条件があいまいだったんでしょうか?
それともワイン屋さんにとっては、大量に来る注文のひとつでしか無かったってことですかね。

そんなわけで、毎日ボルドーばっかり飲みつづけてます。

サーヴィスを提供する側と、される側の意識のギャップ、自分の身に置き換えて精進しようと心に誓った「初めての福袋」でありました。

今年もお正月からまたひとつ勉強させていただきました。

条件を変えて来年もまた買いますっ。(メーワクかなぁ、どう思います?)

Banner2_2←今日は何位?

chef

2 Responses to “初体験の福袋”

  1. やす 2007年1月19日 at 18:59 # 返信

    昨日(木曜)一人でおじゃましちゃいました
    ずっとブログ読んでたんですがついにお邪魔しました
    奥のカウンターでパスティス頼んで お料理いっぱい 頂いてしまいました カスレとても美味しかったです
    「あれは どれくらい 仕込みに時間かかるんでしょう」 など 色々聞きたかったのですが緊張してしまいまして ^^; ボルドー あの時シェフが飲んでたのがそうですかね・・・

  2. オヤジシェフ 2007年1月21日 at 02:13 # 返信

    エライ!
    パスティスはフレンチオヤジの基本ですから!
    ますますのオヤジ道まっしぐら、期待してます!

コメントを残す