旧「オヤジのフレンチ」

万太郎?

人気blogランキングへ ←Poussez, S’il vous praît

一時「起業ブーム」なんて言葉があったくらい、まるで流行りもののように会社を興す人がいましたけど、自分でやってみるとコリャえらい大変だってことを思い知らされました。若くして会社を興された方もみんなこんなことをやってきたのかと思うと、尊敬の念すら湧いてきます。もっとも私の場合会社ではありませんから手続きは少ないほうなんですが。

たとえば、従業員を雇い入れる場合。
まず、税務署(都税と国税の両方)へ行って「事業開始届」を提出します。
次に労働基準監督署で労働(労災)保険の手続きをする。雇用保険はハローワークで。店がある虎ノ門の場合、これらの手続きをする場所が全部別のところにあるんです。芝、三田、六本木。「皿満号」が大活躍してくれましたが、店に戻ってきたときにはもう汗だく、ヘトヘトです。

P10001911_1  そんなときはコレ、マンタローです。べつにふざけてるわけじゃない、れっきとしたフランス語、Menthe à l’eauと書きます。
日本語にするならミント水ってところでしょうか。フランス人はただの水を飲むって事がないんです(ミネラルは別)。何かしら味がついてないといやらしい。レストランのキッチンの冷蔵庫にはたいていあって、水代わりにがぶがぶ飲んでます。うわさには聞いてましたが、初めて飲んだときは「何だ、コリャ」と思いましたけど、慣れるとパスティスと同じでクセになります。
フランスかぶれを自認する私としては、コレは是非にもメニューに入れないわけにはいかない。
けどね、なかなか「おいしい」といってくれる人はいないです。まず、色が強烈。で味も強烈。ネーミングの面白さとものめずらしさで注文してくれる人はいますけど、最後まで減らないままテーブルの片隅に置いてあるってこともママあります。だって、お客さん曰く、「リステリン飲んでるみたい」なんだもん。

でも、ウチのはちょっとジャパナイズしてありますから、フランスのより飲みやすいです。
アルコールがダメなかたはぜひチャレンジしてみてください。フランス人になれます。

Banner2_2
←Merci!

chef
No comments yet.

コメントを残す