旧「オヤジのフレンチ」

うなぎ始めました

リクエストをいただいたのでウナギのマトロート始めました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※写真はdemi×2です。

まあそれにしてもなんだ、ウナギ高いわ。私としてもこの値付けは心苦しいところです。ウナギ専業のお店なんか大変だと思いますよ。

こんだけ高いと高級店かよほど回転する店じゃないと、そりゃ廃業已む無しって店が出てくるのもわかります。けどそれでいいんでしょ?資源保護は喫緊の課題ですからね、それなりの御代を払っても「ウナギが食いたい!」って人のためだけに細々とこの食文化をつないでいければいいと。それを商いにして家族養ってる人にとっちゃまさしく死活問題なんで同情なんかされたくもないと思いますが。

昨年のことですけど、大手流通チェーンの店長さんが、土用の丑の日に合わせて中国から大量にウナギを輸入して「ニッポンの食文化を守る!」って大見得を切ってるのを見ましたけどね、資源枯渇を心配するならいっそ中国からの輸入はやめるべきなんじゃないでしょうかね?

こういう発言をするとまた噛みついてくる人がいるんだよなあ。「貧乏人はウナギ食うなってかっ《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!」みたいな。そんな過激なことを言ってるわけじゃないんですけど、ひらたく言うとそういうことになっちゃいますか。

日本のウナギの稚魚はどこから来てるのか。とか、もちろんいろいろ課題というか問題があるのは承知しておりますが、この料理もやっぱり伝統的な食文化の一つなわけで、フランスの伝統料理を伝えたいという私の立場としてはやらせていただきたのですよ。許してください。だからディスカウントはしません。相当お高いけど平身低頭よろしくお願いする次第でございます。

関連記事:技術講座-matelote-danguille

chef
No comments yet.

コメントを残す